家族葬のメリットとデメリット

家族葬のメリットとデメリットは必ず両方をチェックしておく必要があります。多くの人がメリットだけに注目してしまった結果、思ったようなお葬式を執り行うことが出来ずにトラブルになってしまう場合があります。しっかりとメリットとデメリットを確認しておけば、契約する前に対応をとることができますので、大きなトラブルには発展しないでしょう。また、トラブルになりそうな部分をオプションなどでカバーすることもできますので、必ずメリットとデメリットは確認するようにしましょう。

メリットとして大きいのが予算です。一般的なお葬式と比べて非常にリーズナブルになっていますので、お葬式になるべく予算をかけたくないという人にとってはメリットが大きいといえます。また、家族葬は20人以下が参列人数の目安となっていますので、呼ぶ人数が少なく対応が楽というのもメリットとなっています。

デメリットとしては、誰を呼んで誰を呼ばないのかという判断がとても難しいという点があります。故人の交友関係を把握していないと呼び忘れが出てしまいます。また、自由度が高いので決めなければいけない内容がとても多いということがあります。ある程度、生前に故人の意向を聞いておかないと決められない部分なども多くありますので、そうした点は大変です。また、まだまだ歴史の浅いお葬式スタイルですので、葬儀業者によって内容が大きく異なります。単にリーズナブルなお値段だからといって依頼してしまうと、内容が貧相と感じる可能性もありますので注意が必要です。