家族葬は遺族の理解が重要です

家族葬で大きなトラブルになる可能性が高いのが、遺族の方が家族葬を良く思っていないケースです。今までのお葬式と比べて規模が小さくなるので、どうしても故人にお金をかけたくないだけというようなイメージを持たれる事もあり、故人を大事にしていないと思われやすいという事があります。もちろん家族葬の方が香典を貰えない分、負担が大きいようなケースもあるのでそういった考えは間違っているのですが、周りの目を気にしてしまう方にしてみれば、受け入れがたい部分の可能性があるのです。

家族葬をトラブルなく行えるようになるためには、遺族の方にどのような内容で行うのかをしっかりと知ってもらう必要があります。そのためには、どのような式になるのかをしっかりと説明する事ができるようになる必要があります。最も簡単なのは、依頼するお葬式屋のプランを紹介する事です。お葬式屋の中にはそういった内容を紹介するパンフレットなどもあるので、そういった物を複数貰ってきて紹介するのも一つの方法になります。

また、最も簡単なのは、一緒にお葬式屋に行き、内容を確認してもらう事です。お葬式屋ですからしっかりと噛み砕いて説明してくれます。それで納得がいかなければ一般的なお葬式の紹介もしてもらえるので、手間がかからなくて済みます。もっと簡単な方法は、生前にどのようなお葬式にしたいのかをあらかじめ決めておき、書面に残しておくという方法です。最優先しなければいけないのは遺族の考えではなく故人の遺志なので、反対する方はいないでしょう。