家族葬で注意すべきマナー

家族葬は、これまでの一般的なお葬式よりも気を付けなければいけないポイントがたくさんあります。特に、家族葬ならではのマナーはしっかりと頭に入れておく必要があります。今回紹介する二つのマナーに関しては、守らないと大きなトラブルに発展する可能性があるので、十分に注意してください。

絶対に押さえておきたいマナーの一つ目は、参列してもらう方の選定です。基本的に家族葬は家族や親戚のみの参列になり、二親等までの親族に加え、二親等以外の同じ住居で生活している親族までが、家族葬に参列する方になります。それに加えて、生前故人と特別交流があったという方であったり、故人がぜひお葬式に来てほしいと思っているような方がいた場合には、参列してもらう事ができます。基本的なコンセプトとしては、故人と最後に家族や親しい方だけでお別れの挨拶をするのが家族葬です。

二つ目の押さえておくべきマナーは、香典は辞退をする事です。家族葬では、香典を辞退するのが全国的なマナーになっています。もし、参列者の方がどうしても香典を受け取って欲しいというような場合にも、お断りするのがマナーです。なぜ香典を受け取れないのかというと、家族葬は参列者が少ないので、受付などを設けていないからです。また、香典返しを用意するような手間を省いて故人とのお別れに集中しているので、香典は受け取らないのがマナーになります。そのため、訃報で故人が死去した事を伝える際には、香典を辞退することも合わせて伝えるようにするのがマナーになっています。